レイキで始める癒し生活入門メルマガ・バックナンバー

おひさまレイキのメルマガの購読とバックナンバーのページです

37号

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
レイキヒーリングで始める開運・癒し生活入門(目標月刊)37号
              By レイキで開運!癒し王国(なかむらかずひろ)
レイキについてお知りになりたい方、御質問・御相談は
http://reiki621.hp.infoseek.co.jp
レイキセミナー
通信は現在お待ちいただかずに始められます。
対面・出張は毎月第4日またはご相談によって随時開催しています。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちわ、レイキで開運の中村です

早いもので、新しいと言うか元の仕事場に戻って一ヶ月が経ちました。
正直言って元の場所に戻ったのは生活を維持していくためです。

やっぱり、ややこしいところにある自宅では学習塾の生徒は集まりませんし、整体もやってることをアピールしても場所が分かりにくいので地元の人の利用とはなかなかなりません。

それにもう一つ。
一年の間にまた、本を買いすぎで自宅では収容できなくなってきました・・・。

で、この一ヶ月、引っ越した成果はあったのかと言うと・・・。

ん〜、微妙です。
入ってきた二人の生徒は高校に入ってから戻ってきた生徒ですし、整体の売り上げについて言えばHPを見ての出張がほとんど。ただ、飛躍的に整体の売り上げが増えたのは、場所を変えて気のめぐりが変わったのでしょうかね?
塾のパンフレットを持って帰る人もちらほらいるので、少しずつ浸透しているのでしょう。
結果は長い目で見ないと分かりません。
一ヵ月後に最悪でも、一年後には結果的にはそれで良かったと思いながら、10年後にはまた、やらなきゃ良かった、なんて言ってるかもしれません。
そして、死ぬその瞬間にやってて良かったと思えたら、この人生での苦労は全部元が取れたと言うことでしょう〜。
ま、その後もずっとずっと魂の時間は続く訳で、それからも山あり谷あり。
しかし、確実に学び続けているのですから、あんまり深刻に考えてもしょうがありません。

とりあえず、毎日気ままに生活させていただいていますが、ちょっと退屈なので、対面レイキセミナーも頑張ってみようかと思い、少し値下げをします。

☆対面レイキセミナー(ファーストからサードまで一日で終了できます)

土日または月末の29,30,31日に原則マンツーマンで実施。
場所は大阪府枚方市御殿山町3-4まなびの森(京阪電鉄御殿山駅徒歩30秒です)
所要時間は約6時間。
レイキの理解と実践でつまずきやすいところを重点的に解説します。
セミナー終了後のメールでの質疑応答、相談などは無制限。
料金は6万円。(そのうちまたもとの8万円に戻します)

解説内容の程度は通信レイキセミナーを終了された方が到達する理解レベルまで達することができるようにします。
(今までの対面セミナーでそれが可能であることが分かりました。ただし、その方がセミナー終了後どこまでレイキを実践してくださルカで理解の深さにかなりの差が出ますが、それは通信セミナーでも克服できないものでした。それは各人のレイキとの縁の深さに起因する問題だと今は思っています)

ご希望の方は、日程の相談をしますのでご連絡ください。
よろしくお願いします〜。

とかやっている間に、父が入院しました〜。
肝臓がやられていまして、脾臓もざるの状態です。
先日から、腹水もたまり全身がまっきっき。
足の裏までむくんでしまいました・・・。

いつかはこういう日が来るだろうと言う事は、分かっていましたので、比較的淡々と接していますが、弱りきった姿を見ていると、自分が子供のころに追いかけていた父の面影がもうそこにはないことに気付き、少し感傷的になったりもしています。

さて、私は今まで少しずつ弱りつつある父を見てきたのですが、霊気を送ったりしたことはありませんでした。

別に情が薄いとか言うわけではありません。

我のきつい父にとっては、その時にいくらレイキを送って病状を軽くしてもそれが学びにはつながらないと感じたからです。

もし必要だと私の潜在意識が感じたら勝手に流してくれとは設定していましたが・・・。

死を賭けての、学びを父の魂はしようとしています。
それを横から邪魔するようなことはすまい、一部始終を見届けてやろうと思ったしだいです。

そして、入院。
入院して3,4日の間は、あれこれ文句を言って悪態をついていました。
しかし、6月の末。
急にその元気がなくなりました。

目に元気がなくなり、以前のようなぎらぎらしたものが消えています。
ただ、目を開けているだけでもしんどい様子。
彼にとってこれは生き地獄なのかもしれません。
それでも、生きたいと言う気持ちはあるようです。
15年位前までは、人が生に執着しているのを見て、「未練がましい、情けない、みっともない」と罵倒していた彼がです。

あ、今なら少しは何かを感じるかもしれない。

その晩私は遠隔でレイキを送りました。
次の日、ほんの少し父の口数が増えていました。
悪態をつくわけでもなく、こちらの言うことにうなずき、一言二言はなすだけですが、今までに無いような穏やかな表情です。

父に残された時間がどれだけなのかは私には分かりません。
それは、学びが終了するまでと言うことなのかもしれませんし、もうすぐ時間切れで来世でもう一度続きを学ばないといけないのかもしれませんが、今なら、少しずつでも何かに気付くことができそうです。

延命のためではなく、気付きのために、死に際に微笑んで逝けるためにレイキを送り続け、できる限り言葉を投げかけ続けたいと思っています。

そんないろいろあったこの一ヶ月ですが、レイキの日も忘れずに送ってますよ。
ただ、今回はあれこれ考えたりせず、ただ送っていました。
あれこれ考え出すと「念」がたっぷりのレイキになりそうでしたので・・・。
そのせいですかね?
今回のレイキの日のご感想がほとんどきていません。

ま、そう言うときもありかな?


感謝感謝感謝
なかむらかずひろ


戻る

Copyright(C) 2014 おひさまレイキ